クレジットカード現金化の換金率について

クレジットカード現金化の換金率について

クレジットカード現金化でなぜ換金率が重要なのでしょうか。
業者選びでは必ず換金率を比較する事が求められますがその理由はなんなのでしょうか。

換金率がクレジットカード現金化業者の決め手といっても過言ではありません。

換金率で手元に入ってくる現金の額が決まる

換金率、それはいくら現金が入ってくるのかを決める大切な数字です。

例えば商品の値段が1万円だったとしましょう。そして換金率が90パーセントだった場合に、これはいくら手元にお金が入ってくるのかわかりますか?これは、9000円です。

換金率のみでほかに手数料等かからない業者でしたら90パーセントの時には9000円入ってきます。そして1000円が業者の取り分ということになりますね。

換金率が低いということは

換金率が低いということは、それだけ業者の取り分が増えている事になります。

100パーセントの換金率の所を探せば100パーセント現金化されるので一番利用者にとっては良い事なのかもしれませんがそれでは業者はボランティアになってしまいます。

業者もこれを生業としているわけですから、儲けが出ないと意味がないのです。

ですから少なからず儲けは出ているはずでしょう。それが換金率の差額ということになります。

知っておくべきことは相場

知っておかなければいけないこと、それは換金率の相場です。

だいたいどれくらいの額で取引されているのか、その相場を知らなければ利用しても意味がないでしょう。

換金率g89パーセントと書かれていてもそれが高いのか、安いのか、わからないまま利用していても意味がありません。

現在クレジットカード現金化の業者の換金率の相場は85パーセントから90パーセント程度が良心的な相場と言われていますから知っておきましょう。

関連する記事